GA4でランディングページごとのCV数を確認する方法

著者:牧野健人

GA4でLPごとのコンバージョン数を確認する手順を具体的に解説します。

UAで言うところの、行動 > サイト コンテンツ > ランディング ページ から見られるCV数に対応します。

技術的な知識は一切不要なので安心してお読みください。

関連記事:GA4でコンバージョン設定をする手順を具体的に解説【CV計測】

「探索」を使用してLPごとのCV数を確認する方法

ランディングページごとのCV数を確認する方法はいくつかありますが、今回はGA4の画面から簡単に見ることができる「探索」機能を使用するパターンを解説します。

出てくる用語に見慣れなさを覚える方もいらっしゃると思いますが、手順にしたがえば設定できますので心配はいりません

「空白」のデータ探索を作成する

まずはGA4にログインし、メニュー内の「探索」に移動した上で、「空白」をクリックしてデータ探索を作成します。

「ディメンション」に「ランディング ページ」をインポートする

まずは「変数」カラムから設定を進めます。

「ディメンション」のプラスボタンをクリックし、「ページ / スクリーン」内の「ランディング ページ」にチェックを入れ、画面右上のボタンからインポートします。

“ランディング”と”ページ”の間にはスペースが入ります。「ディメンションを検索」から探す場合は、スペースが無いとヒットしませんのでご注意ください。

「指標」に「コンバージョン」をインポートする

「指標」のプラスボタンをクリックし、「イベント」内の「コンバージョン」をインポートします。

フォーマットとして自由形式のテーブル型を選択する

次に「タブの設定」カラムに移ります。

まず「手法」からは「自由形式」を、「ビジュアリゼーション」からは「テーブル」を選択してください。

タブに変数を入れる

次に、先ほど変数としてインポートした「ランディング ページ」と「コンバージョン」を行・値に入れます。

変数カラムの「ランディング ページ」をドラッグ&ドロップで「タブの設定」カラムの「行」に入れてください。また、「表示する行数」がデフォルトだと10行になっているので、ページ数の規模に応じて増やしておきましょう

そして、同じ要領で「コンバージョン」を「値」に入れてください。

以上の操作で、ランディングページごとのCV数を表示させることができます。

最後に「変数」カラムの「データ探索名」にて任意のわかりやすい名前を設定しておいてください。ここで付けた名前が、「探索」内のデータ探索の一覧に表示されます。

レポートにフィルタをかける方法(例:流入チャネル)

セグメントをレポートに適用したい場合は、「タブの設定」カラムの「フィルタ」を活用します。

今回は流入チャネルでセグメントをかける手順を例にとり解説します。

「セッション メディア」をインポートする

「ディメンション」から「トラフィック ソース」内の「セッション メディア」を選択しインポートします。

任意のメディアをフィルタの値として指定する

インポートした「セッション メディア」をドラッグ&ドロップで「タブの設定」内の「フィルタ」に入れます。

すると、マッチタイプの選択と式の入力を求められます。マッチタイプはお好みもありますが、複数のチャネルを選択する場合は正規表現のA|Bの記法を使います。「次の正規表現に一致」を選び、例えば、 organic|referral とすれば自然検索からの流入と外部リンクからの流入でフィルタをかけられます。

選択・入力が完了したら「適用」をクリックすればフィルタの設定は完了です。

コンバージョンの内訳を確認する方法

サイトにコンバージョンが複数種類存在する場合も多いと思います。その内訳を見たい場合は下記の通りです。

「イベント名」をインポートする

「ディメンション」から「イベント」内にある「イベント名」を選択しインポートします。

「イベント名」を行に入れる

「イベント名」をドラッグ&ドロップで「タブの設定」カラムの「行」に入れてください。

GA4ではコンバージョンは必ずイベントとして扱われますので、こうすることで、コンバージョンの内訳を見ることができます。

コンバージョン以外のイベントを行から除外する

「イベント名」を行に入れた段階だとコンバージョン以外のイベントも含まれていますので、フィルタを活用してこれらを除外します。

まず、「ディメンション」に呼び出した「イベント名」をドラッグ&ドロップで「フィルタ」に入れます。

そして、「次の正規表現に一致」を選び、式の欄に コンバージョンとして定義しているイベント名A|コンバージョンとして定義しているイベント名B|... の要領で入力します。

これを適用することでコンバージョンであるイベントのみが表示されるようになります。

牧野健人

著者牧野健人

株式会社リラクス 代表取締役。CRO・SEOを専門とし、デザイン・実装のスキルも活かしながら、クライアントの成果向上のための取組に尽力。
慶應義塾大学卒業後、行政機関を経て、デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて運用型広告のクリエイティブプランニングに従事。2019年にリラクスを創業。

お問い合わせはフォームよりお願いいたします。

お気軽にご相談ください

Webサイトに関する課題をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。
課題が曖昧な状態でのご相談でも大丈夫です。

改善点や競合との比較がわかる無料サイト診断 無料相談・お問い合わせ
改善点や競合との比較がわかる無料のサイト診断