Xserverでサブドメインを作成してWordPressをインストールする手順

Xserverでサブドメインを作成する

Xserverでサブドメインを作成して、WordPressをインストールする手順を解説します。

また、WordPressではなく静的ファイルなどで作られたサイトをエックスサーバーで設定したサブドメインに設置する場合の注意点も併せて解説します。

Xserverなら無料で簡単にサブドメインを作成できる

Xserverではサブドメインを無料かつ簡単に作成することができます。

作成したサブドメインにWordPressをインストールするのも手軽で、この2つの手順を合計しても3~5分くらいあれば完了します。また、作成数も無制限です。

サブドメインを作成すれば複数のサイトを運営できますので、ぜひ有効活用していきましょう。以下で、具体的な手順を解説します。

Xserverでサブドメインを作成する手順

Xserverでサブドメインを作成する手順を解説します。所要時間は1~2分です。

STEP.1
サーバーパネルにアクセス

Xserverのサーバーパネルにアクセスします。

Xserverのサーバーパネル

STEP.2
ドメイン>サブドメイン設定

「ドメイン」のエリアにある「サブドメイン設定」を選択します。

Xserverのサーバーパネル(ドメイン>サブドメイン設定)”><br />
</div><div class=

STEP.3
タイトル3

サブドメインを作成したいドメインを選択します。

Xserverのサーバーパネル(ドメイン一覧)

STEP.4
サブドメイン名の設定

「サブドメイン設定追加」のタブをクリックします。すると以下のようにサブドメイン名の入力欄が出ますので、希望の文字列を入れます。

Xserverのサーバーパネル(サブドメイン名の設定)

「コメント」は他の人に見える部分ではないため、純粋にXserverのサーバーパネル上で管理しやすい内容で構いません。必要なければ空欄でも大丈夫です。
STEP.5
内容の確認・完了

入力した内容が表示されますので、間違い無いことを確認したら「追加する」をクリックします。

Xserverのサーバーパネル(サブドメインの内容の確認)

下の画面が表示されればサブドメインの作成は完了です。

Xserverのサーバーパネル(サブドメインの作成完了)

Xserverで作成したサブドメインにWordPressをインストールする手順

次にXserverで作成したサブドメインにWordPressをインストールする手順を解説します。

基本的に新規ドメインの時と手順は同じで、気をつけるのはインストール先のドメインとして先ほど作成したサブドメインを選ぶことだけです。間違えてメインのドメインを選んでしまうと、データが上書きされてサイトが初期化してしまいますのでご注意ください

万一上書きされてしまったら、エックスサーバーのバックアップ機能から復元することができます。
STEP.1
サーバーパネルにアクセス

Xserverのサーバーパネルにアクセスします。

Xserverのサーバーパネル

STEP.2
WordPress簡単インストールを選択

「WordPress」のエリアにある「WordPress簡単インストール」を選択します。

Xserverのサーバーパネル(WordPress簡単インストール)

STEP.3
サイト情報を入力

WordPressをインストールしたいドメインを選択して、「WordPressインストール」のタブを選びます。そして「サイトURL」のプルダウンから先ほど作成したサブドメインを選択します。

Xserverのサーバーパネル(サブドメインを選択)

あとはサイトの情報として設定した内容を入力していけばOKです。

Xserverのサーバーパネル(サイト情報を入力)

サブディレクトリへのアクセスを制限する

Xserverで作成したサブドメインは、サーバー上では下記のパスに配置されます。

メインのドメイン/public_html/サブドメイン

実は、これはサブディレクトリと同じ構造です。つまり、下記のどちらのURLでもアクセスできてしまう状態です。

サブドメイン
https://domain.com/sub/
サブディレクトリ
https://sub.domain.com/

WordPressであれば、サブディレクトリではアクセスできないように自動的に調整されますが、静的なサイトなどをサブドメインに配置する場合はサブドメイン型のURLでのみアクセスを許可する設定をおこないましょう。

そのためには、.htaccessというファイルの編集が必要となります。.htaccessは内容としては普通のテキストファイルなので、Windowsのメモ帳などを含め任意のテキストエディタで作成できます。

まずはテキストエディタを開いて、下記のsub.domain.comの部分をご自身のサイトのサブドメインに書き換えたコードを記述してください。

SetEnvIf Host "^sub.domain.com$" host
order deny,allow
deny from all
allow from env=host

完了したら、一度任意のファイル名で保存してください。

次にFTP等でサーバーにアクセスして、上記で作成したファイルを.htaccessという名称に変えて /ドメイン/public_html/サブドメインにアップロードします。

memo
.htaccessは不可視ファイルなので、通常の設定だとファイルが存在していてもFTP上に表示されません。.htaccessを確認するには、FTPの設定から不可視ファイルを表示させてください。
サブドメインのみにアクセスできるようにする方法は複数ありますが、この章ではXserverが公式で説明している方法をご紹介しました。

Xserverでサブドメインを作成:まとめ

Xserverでサブドメインを作成してWordPressをインストールする方法について解説してきました。内容をまとめると下記の通りです。

  • サーバーパネルからサブドメンを無料かつ簡単に作成できる
  • サブドメインへのWordPressのインストールは、新規ドメインの場合と同じく「WordPress簡単インストール」からおこなえる
  • 手動でサブドメインへのアクセスのみを許可する場合は.htaccessを使う

この記事が参考になれば幸いです。

この記事の執筆者

牧野健人

牧野健人

株式会社リラクス 代表取締役。マーケティング領域におけるクリエイティブ改善を専門としながら、アクセス解析やSEOの知見、ならびにデザイン・コーディングのスキルを活かしクライアントの成果向上のための取り組みに尽力しています。