「レンダリングを妨げるリソースの除外」の3つの対策法

著者:牧野健人

PageSpeed Insightsで『レンダリングを妨げるリソースの除外』という項目が表示されたけど、改善方法がよくわからない」という方に向けて、前提となる仕組みや具体的な対策手順を解説します。

ページスピードを高めて、ユーザー体験、CV率、検索順位などを改善したい方はぜひご覧ください。

牧野健人

記事の著者牧野健人

株式会社リラクス 代表取締役。CRO・SEOを専門とし、デザイン・実装のスキルも活かしながら、クライアントの成果向上のための取組に尽力。
慶應義塾大学卒業後、行政機関を経て、デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて運用型広告のクリエイティブプランニングに従事。2019年にリラクスを創業。

お問い合わせはフォームよりお願いいたします。

レンダリングを妨げるリソースとは

「レンダリングを妨げるリソース」とは、「Webページを表示するために必要な処理(レンダリング)」を妨げることで、表示を遅らせてしまうリソース(※)のことです。

※ 「リソース」は、Webページを構成するデータのことで、HTML、CSS、画像、フォントなどを指します。

WebページはHTMLやCSSなどによって構成されていますが、私たちは「データそのもの」ではなく、それらを元に描画された「ページ」を見ています。この「データ → ページ」の変換の処理のことをレンダリングと言います。

レンダリングが完了しないと、ブラウザ上にページを表示させることができません。

そのため、ページの表示速度を早める上で「レンダリングを妨げるリソース」をできるだけ排除することは重要です。

では具体的にどのようなリソースがレンダリングを妨げるのかというと、下記が該当します。

CSSJavaScript
  • ユーザーの閲覧環境に適合するmedia属性を持つ<link rel="stylesheet">
  • disabled属性を持たない<link rel="stylesheet">
  • async属性を持たない<script>
  • defer属性を持たない<script>
  • type="module"を持たない<script>

つまり、これらを最小限に抑える形で実装することが必要になります。以下で、その具体的な方法を解説します。

レンダリングを妨げるリソースへの対策方法

レンダリングを妨げるリソースの対策をする上では、下記の3つのアプローチが考えられます。

ファーストペイントに必要なリソースをインライン化

まず前提として、Webページの表示は段階的におこなわれます。ページの最下部までのすべての読み込みがが完了してからページの描画がスタートするのではなく、準備ができたところか順次描かれていきます。

そして、Webページが表示される時の最初の描画(ファーストペイント)に必要なリソースのことをクリティカルリソース、クリティカルリソースを元にファーストペイントがなされる過程をクリティカルレンダリングパスと言います。

Webページの表示速度を早めるためには、まずはクリティカルレンダリングパスを最速で終わらせる必要があります。

※ 実際、「レンダリングを妨げるリソース」の「レンダリング」はページ全体のレンダリングではなくクリティカルレンダリングのことを指しています。

PageSpeed Insightsにおける「レンダリングを妨げるリソースの除外」の説明

これを踏まえると、レンダリングを妨げるリソースの改善のための第1ステップは、クリティカルなリソースとクリティカルでないリソースを識別することにあると言えます。

その上で、クリティカルなリソースを最短で処理できるようにインライン化し、クリティカルでないリソースがクリティカルレンダリングを妨げないように非同期化することが必要になります。

クリティカルなCSSとJavaScriptのインライン化

インライン化は、別ファイルを <link rel="stylesheet" href=""><script src=""> などで読み込むのではなく、HTMLに直接記述することを指します。

インライン化するメリットは、そのリソースのダウンロードが必要無くなることです。

<link rel="stylesheet" href="style.css"><script src="script.js"> などのように外部ファイルとして読み込む場合は、HTMLファイル以外にstyle.cssやscript.jsをサーバーからダウンロードする必要性がまず発生します。

一方、インライン化すれば、HTMLファイルにすでに含まれているため別ファイルのダウンロードが必要無くなり、それが速度の観点で有利に働きます

インライン化する上での注意点

ただし、リソースのインライン化には注意点もあります。

対象のコードを最小限に抑える

インライン化することで別ファイルのダウンロードの必要性は無くなりますが、下記のデメリットも存在します。

そのため、インライン化するコードは最小限に抑えなければ逆効果を被る恐れもあるので、要注意です。

具体的には、ほとんどのサーバーにおける最初のパケットである14 KBを上限ラインとして考えるのがよいでしょう。

Googleの開発者ブログでも下記のように14 KBが挙げられています。

最初にレンダリングする際の往復処理の数を最小限に抑えるには、最も重要なコンテンツを14 KB (圧縮) 未満に抑えるようにしてください。

重要なCSSを抽出する | web.dev
開発環境ではコードを共通化する

インライン化はあくまでもブラウザに渡すHTMLファイルにおける話です。保守性の観点から、インライン化するコードも開発環境では共通化しておきましょう。

例えばWordPressなら、wp_add_inline_style()関数を使うことで別ファイルとして切り出したCSSファイルをインライン形式で出力できます。

ファーストペイント以外の部分で必要なリソースを非同期化

非同期とは、ある処理を、別の処理をおこないながら並行して実行することです。

つまりリソースの処理を非同期化することで、レンダリングという処理をできるだけ妨げずに、それと並行して進めることができるようになります。

以下で、CSSとJavaScriptそれぞれでの非同期化の実装方法を解説します。

CSSの非同期化

CSSの場合、rel="preload"という属性によってダウンロードを非同期でおこなうことができます。これを用いる際は、ダウンロードするファイルをhref属性で、そのファイルタイプをas属性でそれぞれ指定します。

<link rel="preload" href="style.css" as="style">

ただし、この記述だけだとダウンロードしたCSSの解析やページへの適用はおこないません。そのため、通常のrel="stylesheet"と併用する必要があります。

しかし、HTML上でrel="stylesheet"を持つlinkタグまで解析がたどり着いた段階でその解析が始まってしまい結局レンダリングがブロックされてしまいます。

CSSには後述するJavaScriptと違いこの課題を直接的に解決するための機能はありませんが、Googleが紹介している以下のようなテクニックを用いることで対処が可能です。

<link rel="preload" href="styles.css" as="style" onload="this.onload=null;this.rel='stylesheet'"> <noscript><link rel="stylesheet" href="styles.css"></noscript>
重要でないCSSを延期する | web.dev

まず、rel="preload"によってCSSファイルを非同期にダウンロードすることができます。レンダリングを妨げずに並行して必要なファイルをダウンロードしておくことができ、解析や実行はまだされません。

そして、onload属性のthis.rel='stylesheet'によって、すべてのリソースの読み込みが完了した後に、rel属性の値をpreloadからstylesheetに変えて、CSSの解析と適用をおこないます。this.onload=null;は、一部のブラウザではrel属性を変更することでonloadで指定したコードが2回実行される可能性があるため、それを防ぐための記述です。

<noscript>の行は、JavaScriptが無効になっている環境でCSSが適用されないことを防ぐための記述です。

JavaScriptの非同期化

JavaScriptでは、defer属性とasync属性を使うことで非同期処理を実装できます。

defer/async無しdeferasync
scriptタグまでたどり着いた段階でHTMLの解析をストップして、JavaScriptのダウンロードと実行をおこなう。それが完了したらHTMLの解析を再開する。scriptタグまでたどり着いた段階で、HTMLの解析と並行してJavaScriptをダウンロードする。HTMLの解析が完了したらJavaScriptを実行する。scriptタグまでたどり着いた段階で、HTMLの解析と並行してJavaScriptをダウンロードする。そして、ダウンロードが完了した段階でHTMLの解析を止めてJavaScriptを実行する。その後、HTMLの解析を再開する。

上記を図解すると下記のようになります。

scriptタグにdeferやasyncを付与した際に発生する処理の比較

deferasyncもJavaScriptのダウンロードを非同期的に実行できるため、そのフェーズでレンダリングを妨げてしまうことが無くなります。

その上で、asyncはダウンロードが完了したらHTMLの解析を止めてJavaScriptを実行するため、ダウンロードがHTMLの解析よりも前に済んだ場合はそのフェーズでレンダリングをブロックします。

一方、deferはHTMLの解析が完了してからJavaScriptを実行するため、レンダリングが妨げられる可能性が低くなります。

また、asyncがJavaScriptが読み込まれたタイミングで順次実行されるのに対して、defer<script defer src="...">の記載順で実行されるという違いもあります。

不要なリソースを削除

ページにとって必要無いリソースは、非同期化ではなく削除すべきです。

特にWordPressの場合はプラグインのCSSやJavaScriptがサイト全体で読み込まれてしまうことが多いため、注意が必要です。

WordPressで不要なリソースを削除する方法は以下のコラムにまとめていますので併せてご参照ください。

関連記事

WordPressで不要なCSS・JSを削除する【wp_dequeue_style, wp_dequeue_script】

参考文献

お気軽にご相談ください

Webサイトに関する課題をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。
課題が曖昧な状態でのご相談でも大丈夫です。

サイト改善のプロが無料で分析無料のWebサイト診断 無料相談・見積もり依頼
\無料で相談・見積もり/おすすめのサイト高速化サービス