WordPressにTwitterのツイートを埋め込む簡単な方法

WordPressにTwitterを埋め込む

WordPressにTwitterのツイートを埋め込むのはとても簡単です。知識が無い方でもすぐに完了できます。

この記事ではアカウントのツイート全体と単体のツイートそれぞれについて、キャプチャを使いながら丁寧に解説します。

WordPressにTwitterのツイートを埋め込む2つの方法

WordPressにTwitterのツイートを埋め込む方法は2つあります。

  • WordPressの埋め込みブロックを使う
  • Twitter Publishを使う

どちらも非常に簡単なので、どちらを選んでも問題ありません。以下でそれぞれの具体的な手順を解説します。

WordPressの埋め込みブロックを使う

一つ目がWordPressの埋め込みブロックを使う方法です。

WordPressの中で操作が完結する上にたった2ステップで完了するのでとても楽です。

STEP.1
「Twitter」ブロックを呼び出し

WordPressのブロックの「埋め込み」カテゴリーから、「Twitter」を選択します。

「Twitter」ブロックを呼び出し

STEP.2
埋め込みたいTwitterアカウントのURLを入力する

呼び出したブロックの入力欄に、埋め込みたいTwitterアカウントのURLを貼り付けて埋め込みボタンを押します。

埋め込みたいTwitterアカウントのURLを入力する

STEP.3
完了

たったこれだけで埋め込みが完了です。

埋め込み完了></p>
</div><div class=

Twitter Publishを使う

二つ目がTwitterの公式サービス「Twitter Publish」を使う方法です。

この方法はWordPress以外でも使えます。

STEP.1
Twitter Publishにアクセスする

下記からTwitter Publishにアクセスします。

Twitter Publish

STEP.2
埋め込みたいTwitterアカウントのURLを入力する

中央の入力欄に埋め込みたいTwitterアカウントのURLを貼り付けて実行します。

Twitter PublishにURLを入力

STEP.3
Embedded Timelineを選択する

「Embedded Timeline」と「Twitter Buttons」の選択肢が出てくるので「Embedded Timeline」を選びます。

Embedded Timelineを選択

STEP.4
生成されたコードをコピー

コードが生成されるのでコピーします。

生成されたコードをコピー

STEP.5
コードをWordPressのカスタムHTMLブロックに貼り付ける

コピーしたコードをWordPressのカスタムHTMLブロックに貼り付けます。

カスタムHTMLブロックに貼り付け

埋め込み用のコードをカスタムHTMLブロックに貼り付け

サイドバーにTwitterのツイートを表示させる方法

Twitterをコンテンツの中ではなくサイドバーに埋め込む方法を解説します。

上でも解説したTwitter Publishで発行したコードをサイドバーのウィジェットに貼り付けるだけなので、こちらも非常に簡単です。

STEP.1
Twitter Publishで埋め込み用のコードを生成する

「Twitter Publishを使う」で解説した方法で埋め込み用のコードを生成します。

STEP.2
ウィジェットの設定画面に移動

WordPressの管理画面の「外観」の中にある「ウィジェット」に移動します。

ウィジェットの設定画面に移動

STEP.3
サイドバーのウィジェットにコードを貼り付け

サイドバーというウィジェットがあるので、そこにカスタムHTMLというブロックをドラッグ&ドロップで持っていきます。

その上で、「内容」のところに先ほど発行したTwitterの埋め込みコードを貼り付けます。(「タイトル」には任意の文字列を入れてください。)

サイドバーのウィジェットにコードを貼り付け

完了したら保存を押してください。

以上でサイドバーへの埋め込みは完了です。

WordPressに単体のツイートを埋め込む方法

単体のツイートだけを埋め込みたいときも、埋め込みブロックTwitter Publishの2つの方法を用いることができます。

どちらの場合でも、埋め込みたいツイートのURLを使用するだけでOKです。

WordPressへのTwitterの埋め込み:まとめ

WordPressへのTwitterの埋め込みについて解説してきました。

アカウントのツイート全体も単体のツイートも、下記の2つの方法で埋め込むことができます。

  • WordPressの埋め込みブロックを使う
  • Twitter Publishを使う

この記事が参考になれば幸いです。