WordPressにTwitterのツイートを埋め込む簡単な方法

WordPressにTwitterを埋め込む

WordPressにTwitterのツイートを埋め込むのはとても簡単です。知識が無い方でもすぐに完了できます。

この記事では、特定のアカウントのツイートを全てを埋め込むパターンと、個別のツイートだけを埋め込むパターンのそれぞれについて、キャプチャを使いながら丁寧に解説します。

WordPressにTwitterのツイートを埋め込む2つの方法

WordPressにTwitterのツイートを埋め込む方法は2つあります。

  • WordPressの埋め込みブロックを使う
  • Twitter Publishを使う

どちらも非常に簡単なので、どちらを選んでも問題ありません。以下でそれぞれの具体的な手順を解説します。

WordPressの埋め込みブロックを使う

一つ目がWordPressの埋め込みブロックを使う方法です。

WordPressの中で操作が完結する上にたった2ステップで完了するのでとても楽です。

STEP.1
「Twitter」ブロックを呼び出し

WordPressのブロックの「埋め込み」カテゴリーから、「Twitter」を選択します。

「Twitter」ブロックを呼び出し

STEP.2
埋め込みたいTwitterアカウントのURLを入力する

呼び出したブロックの入力欄に、埋め込みたいTwitterアカウントのURLを貼り付けて埋め込みボタンを押します。

埋め込みたいTwitterアカウントのURLを入力する

STEP.3
完了

たったこれだけで埋め込みが完了です。

埋め込み完了></p>
</div><div class=

WordPressへのTwitterの埋め込み:まとめ

WordPressへのTwitterの埋め込みについて解説してきました。

アカウントのツイート全体も単体のツイートも、下記の2つの方法で埋め込むことができます。

  • WordPressの埋め込みブロックを使う
  • Twitter Publishを使う

この記事が参考になれば幸いです。

この記事の執筆者

牧野健人

牧野健人

株式会社リラクス 代表取締役。マーケティング領域におけるクリエイティブ改善を専門としながら、アクセス解析やSEOの知見、ならびにデザイン・コーディングのスキルを活かしクライアントの成果向上のための取り組みに尽力しています。